【 医療費控除について 】

【整骨院(接骨院)の医療費控除はどこまで対象になるのか?

保険適用外の取扱いはどうなるの?】


こんにちは、A-整体院です。
もうすぐ、年末ですね。
本当に1年はあっという間に過ぎてしまいますね。
12月といえば確定申告、そして、医療費控除の準備も必要ですね。


普通の病院と違って整体院や接骨院はどこまでが、
医療費控除に利用できるのか?
よくわからないっていう方のために今日は
きちんとお話ししようと思います、


まずは医療費控除って知っていますか?


医療費控除とは、一定額以上の医療費を年間で支払った場合に、納めた税金の一部が戻ってくるというものです。
医療費控除の対象になる金額は、支払った医療費から保険金などで補填された額と10万円を引いた額となり、
上限が200万円となります。


ただし、総所得が200万円以下の人の場合には、10万円の代わりに総所得の5%を引いた額となります。


【医療費控除の対象になるもの】


<医療費控除の対象となる医療行為>
・病院での診療費/治療費/入院費
・医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用
・治療に必要な松葉杖など、医療器具の購入費用
・通院に必要な交通費
・歯の治療費(保険適用外の費用を含む)
・子供の歯列矯正費用
・治療のためのリハビリ/マッサージ費用
・介護保険の対象となる介護費用
・薬局で購入する風邪薬などの市販の薬

【医療費控除の対象にならないもの】


・人間ドックなど健康診断の費用

(病気が発見され治療をした場合は対象になる)
・予防注射の費用
・美容整形の治療費用
・漢方薬やビタミン剤の費用
・マイカー通院のガソリン代や駐車料金
・里帰り出産のための実家への交通費
・自分の都合で利用した差額ベッド代


医療費控除の期間は1月1日から12月31日までです。


【整骨院で医療費として認められるもの】


・治療行為
(柔道整復術・鍼・お灸・マッサージ費用)
・ 治療の一環範囲の備品購入費用
(コルセット・サポーターの費用)
(湿布(医薬部外品)・テーピングの費用)
・ 電車やバスなどの整骨院までの交通費


【 医療費としては認められないもの】


・病気予防・健康サポートのためのもの
(健康食品やサプリメント費用)
・慰安目的でのマッサージ費用
・ダイエット目的の骨盤矯正費用
(美容目的の施術代金等)
・ マイカーで通院してのガソリン代
・ 駐車場代
・タクシー代


接骨院や整体院での施術でも医療費控除の対象となる場合も
あるので、領収書はきちんと取っておくようにしましょうね。
もしも、紛失したら病院に連絡したら作成してくれます。